外壁改修の必要性

外壁改修の必要性 住宅を新築してから、長い年月が経ってしまった場合外壁改修の必要性がある可能性があります。
外壁は、外部からの紫外線や雨風の影響を常に受けております。
そのため、劣化や腐食が進行しやすいため約10年程で一度外壁改修を検討する必要性があります。
どのように改修工事を進めていくかと言うと、まずどの部分が劣化しているかを調査する必要があります。
サイディングの外壁であれば、サッシ周りのシーリングや取り合い部分の役物が破損してないかなどを調査します。
外壁が塗装であれば、外壁部分にクラックや下地の腐食箇所の有無や新築時に塗布した塗料にチョーキング現象が起こってないか等を調査します。
調査後に改修工事をする場合は、まず外部足場を組みます。
そして、近所などに塗料や工事の破材が飛ばないようにメッシュシートを全体に張ります。
そうする事で、飛散防止に役立ちます。
また、メッシュシートに施工会社の広告を掲げれば宣伝効果もあります。
そして、外壁のタイプごとに施工方法を分けます。
サイディングであれば、部分張り替えや全面解体後の再度張り替えをします。
塗装面の場合は、クラックなどをVカットして補修後、下塗りから中塗りをして上塗りの流れで外壁改修をしていきます。自分自身の家にあった改修方法で外壁の美観を保って欲しいです。

ひび割れ補修の外壁改修

ひび割れ補修の外壁改修 地震や地盤が動いたときにはひび割れや破損が懸念されます。
放置することによって雨漏りの原因にもなるので早期に外壁改修工事を行うことが大切です。
ひび割れ箇所にシーリング材を充填させてからセメントで補修する方法とエポキシ樹脂の注入の2種類があるので予算やひび割れの症状に応じて使い分けることが一番です。
外壁改修工事で限りなく修理後を目立たなくするためには経験豊富な職人に依頼する必要があります。
悪徳業者に依頼しないようにしっかりと情報収集をして工事を行うことが重要です。
建物の造りによっても改修方法が変わってくるので知識やノウハウも兼ね備えた業者を利用するといいです。
見た目だけでなく住宅の耐久性の向上にもなるためきちんと外壁改修することが重要です。
ひび割れを長期間放置すると炭酸ガスや水の浸入によってコンクリートが中性化して内部にある鉄が錆びてしまいます。
その後コンクリートを押し出す爆裂現象となり、ボロボロと外壁が崩れていきます。
外壁は外部にさらされているので温度や乾湿の差によって体積が収縮するなどの変化が起こります。
軽度の劣化状態で補修を行うと雨漏りなどの被害を防ぐことが出来るため定期的に点検を行うことも大事になります。

おすすめ外壁改修関連リンク

マンション・アパートの外壁塗装やリフォーム、雨漏り修理など即対応してくれます!

外壁改修 東京

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 改修」
に関連するツイート
Twitter

モルタル塗り仕上げ外壁改修工法選定フロー

モルタル塗り仕上げ外壁改修工事において、モルタルを撤去した欠損部の面積が1箇所当た り0.50m₂程度となったので、充塡工法を採用した。

【定期】都内23区のリフォーム・外壁修繕・外壁タイル・防水修繕・設備改修ご相談は是非当社まで!詳細はこちら⇒ameblo.jp/alnac/

Twitter総合建築・建物管理のアルナック@alnac_ikebukuro

返信 リツイート 10:00

沖縄市照屋、I様邸、外壁(483㎡)・屋上(138㎡)防水改修塗装工事10/9着工~ meishopaint2014.ti-da.net/e10821939.html

Uカットシール材充塡工法によるコンクリート外壁のひび割れ改修工事において、充塡時に被 着体の温度が₅℃であったので、作業を中止した。

自宅改修。次は外壁の色変えて熊本城みたいにしたい。 pic.twitter.com/5RvTQWmCBb

Twitterネコハチ@白箱出ない病@nekohachi7_dq10

返信 リツイート 6:12

アパートが改修工事中で、外壁塗装してるんだけどまーじ臭い。 お風呂上がって換気した瞬間ペンキ臭。

Badiの広告がデカデカと張り出されて撮影スポットになってたでお馴染みのルミエール脇の壁だけど 外壁改修工事が終わって綺麗になってから何も張り出される様子がないので、もういっそのこと壁面いっぱいに翼の絵でも描けばいいのではないかと(もしくは児雷也先生のイラスト)

札幌時計台 11月、20年ぶりの改修工事が終わり今月中は無料で見学できるようです。 外壁は緑が少し強く出ているようですが(塗り替える前は白色のイメージが強い)20年前と同じ色で、経年で白っぽくなっていたようです。 pic.twitter.com/IapHzN8kc0

【定期】都内23区のリフォーム・外壁修繕・外壁タイル・防水修繕・設備改修ご相談は是非当社まで!詳細はこちら⇒ameblo.jp/alnac/

Twitter総合建築・建物管理のアルナック@alnac_ikebukuro

返信 リツイート 昨日 10:00