サンダー工法の特徴

サンダー工法の特徴 外壁改修のサンダー工法とは、集塵サンダーを使って既存塗膜の劣化している箇所を除去する工法です。粉塵の飛散を最小限に抑えることができる点がメリットで、工事の安全性が向上します。劣化した既存塗膜の除去が終わると、高圧洗浄機を使って粉化物を取り除き、清掃をしたうえでセメント系の下地調整塗材を塗布します。これにより、外壁の段差をなくすことができ、外壁改修工事がやりやすくなります。
サンダー工法は弾性のある既存塗膜の全面除去に最適な工法であり、塗膜はく離剤工法よりも優れています。ただし、サンダー工法は万能な工法ではなく、デメリットも存在します。主なデメリットとして騒音が大きいことが挙げられます。閑静な住宅街などでは近隣住民から苦情が出ることもあり、騒音を減らすためにはウォーターブリット工法が適しています。また、剥離した塗膜がサンダーに付着することにより、剥離効率が低下する場合があるので注意が必要です。

外壁改修:カバー工法の特徴

外壁改修:カバー工法の特徴 外壁改修の工法の一つにカバー工法があります。これは今ある外壁材の上に重ねて新しい外壁材を貼る工法で、外壁にひび割れなどの劣化が激しい場合に行います。費用は通常の改修よりも高くつきますが、多くのメリットもあります。通常、外壁の塗装は10年単位で塗り替え、継ぎ目の補修を行う必要があります。
しかしカバー工法で高耐久の素材を使用すると10年単位で継ぎ目の補修のみで長く使用することができます。また遮断性、遮音性が向上します。特に遮断性の向上は、外壁と外壁の間に空気の層を作るので、夏は熱を防ぎ冬は熱を逃さないので、冷暖房の節約にも繋がります。この他にデザイン性にも優れています。使用するサイディングにはタイル調や金属調など幅広い種類があり、好みにあうデザインのものを組み合わせたりすることで、新築のような外観にすることもできます。
このように外壁改修をカバー工法で施行すると初期費用は係りますが、その後にたくさんのメリットがあり、長期的に見ると多くのコストを削減することができます。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 工法」
に関連するツイート
Twitter

リフォーム専門用語⑧ アスファルト防水(あすふぁるとぼうすい) アスファルトルーフィング・アスファルトフェルトなどを数枚重ねて防水層を構成する防水工法。 屋根・外壁などの防水に多く用いられます。 #リフォーム #専門用語 #アスファルト防水 pic.twitter.com/GMFDEKKC65

外壁乾式工法による石張り工事において、 目地のシーリング材については、 シリコーン系シーリング材を使用した。× シリコーン系や 1成分形ポリサルファイド系シーリング材では、 シーリング材の成分による石材の汚れが発生する。 2成分形ポリサルファイド系シーリング材 を用いるのが一般的

ダイナミックな曲面外壁を実現-大林組、ガラスファサードの「ねじり工法」初施工 nikkankensetsukogyo2.blogspot.com/2019/06/blog-p… pic.twitter.com/PezmicLg8D

Twitter日刊建設工業新聞【公式】@nikkenko

返信 リツイート4 昨日 11:48

【ダイナミックな曲面外壁を実現】大林組、ガラスファサードの「ねじり工法」初施工 bit.ly/2IYCUGK

Twitter日刊建設工業新聞【公式】@nikkenko

返信 リツイート 昨日 11:48

これどうやって建てるの?“ねじり”ながら取り付ける外壁、大林組が日本初工法 3次元曲面ガラス壁実現 nikkan.co.jp/articles/view/…

Twitter日刊工業新聞電子版 BizLine@Nikkan_BizLine

返信 リツイート81 昨日 9:26

必要か必要でないかは、そのエリアの気候によります。 新潟は5地域で、それ以南であれば、 外壁が透湿性の良いダイライトを用いて 外壁通気工法を行えば防湿フィルム室内は無しでも可能・・・ 続きは質問箱へ #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/242997356

Twitter相模 稔|オーガニックスタジオ新潟の社長@m_sagami

返信 リツイート 6/17(月) 16:42

トーチ工法 建築物の屋上や地下外壁に施す防水層を、トーチバーナーによる溶着施工で形成する工法。通常のアスファルト防水に比べ工期が短く経済的だが、施工者による精度のバラツキがある。 #二級建築士 #二級建築士試験

Twitter二級建築士試験対策重要単語@get_secondarch

返信 リツイート 6/17(月) 16:20

浜松東区  外壁塗装・屋根塗装4回塗り工法 匠ペイントプロこだわりの施工 shizuoka-tosou.jp/news01/1321/ pic.twitter.com/TdAh5Ec8hg

外防水工法は、地下躯体の外側に防水層を施工する工法で、施工条件により先付けと後付けに分類される。後付け工法は、建物周囲に余裕があり地下外壁廻りに余堀りが取れる場合、躯体完成後、直接外壁に防水処理を施す工法。施工状態を目視で確認出来るため信頼性が高い。

RT @media_otb: 平昌五輪のホテル大丈夫か?韓国のビルで火災が発生。これまでに死者29名、負傷者29名。ビルの外壁工法が発泡スチロールを吹きつけ、その上からセメントを重ねるという手法が使われていたが、2015年に130名あまりの死傷者を出した京畿道議政府のマンション…

Twitter♡*:・misaki・:*♡ No☢ ✿@liamisak_

返信 リツイート 6/16(日) 10:48