サンダー工法の特徴

サンダー工法の特徴 外壁改修のサンダー工法とは、集塵サンダーを使って既存塗膜の劣化している箇所を除去する工法です。粉塵の飛散を最小限に抑えることができる点がメリットで、工事の安全性が向上します。劣化した既存塗膜の除去が終わると、高圧洗浄機を使って粉化物を取り除き、清掃をしたうえでセメント系の下地調整塗材を塗布します。これにより、外壁の段差をなくすことができ、外壁改修工事がやりやすくなります。
サンダー工法は弾性のある既存塗膜の全面除去に最適な工法であり、塗膜はく離剤工法よりも優れています。ただし、サンダー工法は万能な工法ではなく、デメリットも存在します。主なデメリットとして騒音が大きいことが挙げられます。閑静な住宅街などでは近隣住民から苦情が出ることもあり、騒音を減らすためにはウォーターブリット工法が適しています。また、剥離した塗膜がサンダーに付着することにより、剥離効率が低下する場合があるので注意が必要です。

外壁改修:カバー工法の特徴

外壁改修:カバー工法の特徴 外壁改修の工法の一つにカバー工法があります。これは今ある外壁材の上に重ねて新しい外壁材を貼る工法で、外壁にひび割れなどの劣化が激しい場合に行います。費用は通常の改修よりも高くつきますが、多くのメリットもあります。通常、外壁の塗装は10年単位で塗り替え、継ぎ目の補修を行う必要があります。
しかしカバー工法で高耐久の素材を使用すると10年単位で継ぎ目の補修のみで長く使用することができます。また遮断性、遮音性が向上します。特に遮断性の向上は、外壁と外壁の間に空気の層を作るので、夏は熱を防ぎ冬は熱を逃さないので、冷暖房の節約にも繋がります。この他にデザイン性にも優れています。使用するサイディングにはタイル調や金属調など幅広い種類があり、好みにあうデザインのものを組み合わせたりすることで、新築のような外観にすることもできます。
このように外壁改修をカバー工法で施行すると初期費用は係りますが、その後にたくさんのメリットがあり、長期的に見ると多くのコストを削減することができます。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 工法」
に関連するツイート
Twitter

おはようございます。今日は先日外壁塗装が完工しました寒川町のM様邸のbefore⇒afterをご紹介します!屋根はシリコン塗料、壁は太陽熱光線の反射性能に優れた外壁用断熱塗装工法で仕上げました。お客様も満足なさってくださいましたので大変よかったです。M様有難う御座いました😃 pic.twitter.com/tZnIw6JomY

Twitter goodsucceed 寒川不動産㈱グッドサクシード

返信 リツイート 10:01

2018年5月19日放送 家づくりお役立ち情報『外壁工法について』 oyakudati-matome.com/2018/05/22/201… pic.twitter.com/15tKKcebjM

外壁塗装をする時の目的で多くみられるのは美観の問題です。 しかし、塗装工事は美観だけではありません。 塗装工事をすることによって様々な機能を備え付けることが出来るのです。 「塗装をして機能を備える...よって外壁にクラックがあった場合もうクラックとは無縁の関係になり 遮音機能が働いて外部の物音が気にならなくなり、断熱性能が抜群で冬は 「何か今までよりあったかいなあ。」と感じることが出来るのです。 外壁におよそ8ミリの塗膜厚を塗装する工法で数ミクロンで断熱塗装ですと言っている 塗料とは訳が違います。 使用する塗料の缶数も桁違いに使用するので35坪くらいの家で70缶~80...

...行いました。        【施工前】                 【施工後】            【施工前】                 【施工後】     かかった費用 屋根カバー工法・・・約150万円 外壁塗装・・・約70万円 軒天張替・・・約40万円 足場組立・・・約40万円 雨樋掛替・・・約30万円 mochiduki-bk.com/blog/?p=1024">mochiduki-bk.com/blog/?p=1024 山梨の雨漏り工事ならお任せください! | 屋根・雨樋・外壁工事の望月建築板金...

外張り断熱とは 外張り断熱とは、木造や鉄骨造の住宅において基礎から壁、屋根、柱などの構造体の外側を外壁材、空気層、グラスウール、石膏ボード、防湿シート、有孔シートで覆う工法。住まいの耐久性を高めます。 ちなみに外張り断熱と外断熱は別のものになります。

Twitter risounoiedukuri はじめての家づくり

返信 リツイート 5/21(月) 16:38

四街道市で屋根・外壁塗装・通気緩衝工法防水工事! - - 住まいの塗装専門 いろは株式会社 iroha-f.com/index.php?go=k…

Twitter iroha_tosou いろは株式会社

返信 リツイート 5/21(月) 15:27

ガルバリウム鋼板という材料をご存知ですか? ガルバリウム鋼板は、主にアルミと亜鉛で構成され、表面はメッキ処理されています。 屋根や外壁に使われることが多い材料で、外壁に使用すると下の写真のような仕上がりになります。 今回は、このガルバリウム鋼板を屋根に使った場合によく聞く 「瓦棒葺き」と「立平葺き」をご紹介します。 他にも横葺きや折板葺き、金属瓦葺きなどがあります。 一つ目の「瓦棒葺き」は...

皆さん?お家の屋根ってなかなか意識した事ないですよね?屋根は、新築で建てるとまず10年~15年ぐらいすると誰でも知っている外壁屋根塗装の時期を迎えますよね?そこまでは皆さんも意識するのですが、では次の15年後はいかがでしょうか?塗装でしょうか?古い屋根の上からまた屋根を被せるカバー工法でしょうか?それとも葺き替え...

これからやってくる暑い夏に向け、断熱塗料「ガイナ」による屋根・外壁塗装のご依頼が増えています。ガイナの最大の魅力はその断熱効果。室内が涼しくなり過ごしやすくなったというお声も多数いただいています! 【山口市】続々始まるガイナ塗装の現場 | 自然素材の家|こだわりの工法。山口で新築・リフォームを考えるならスタジオセンス studio-sense.jp/column/4884/

防水はいろいろな工法があるので、実際にどんな風に施工するのか、気になっちゃいますよね! 誠建クリエート船橋本社には、防水の展示品がございますので、私も見て参考にしています😄✨ #SEISHIN #誠建クリエート #千葉 #船橋 #馬込沢 #八千代 #勝田台 #防水 #塗装 #大規模修繕工事 #外壁 #リフォーム pic.twitter.com/nREYNPi6vy

Twitter seiken_c_pr アンナ@誠建クリエート

返信 リツイート 5/19(土) 16:42