サンダー工法の特徴

サンダー工法の特徴 外壁改修のサンダー工法とは、集塵サンダーを使って既存塗膜の劣化している箇所を除去する工法です。粉塵の飛散を最小限に抑えることができる点がメリットで、工事の安全性が向上します。劣化した既存塗膜の除去が終わると、高圧洗浄機を使って粉化物を取り除き、清掃をしたうえでセメント系の下地調整塗材を塗布します。これにより、外壁の段差をなくすことができ、外壁改修工事がやりやすくなります。
サンダー工法は弾性のある既存塗膜の全面除去に最適な工法であり、塗膜はく離剤工法よりも優れています。ただし、サンダー工法は万能な工法ではなく、デメリットも存在します。主なデメリットとして騒音が大きいことが挙げられます。閑静な住宅街などでは近隣住民から苦情が出ることもあり、騒音を減らすためにはウォーターブリット工法が適しています。また、剥離した塗膜がサンダーに付着することにより、剥離効率が低下する場合があるので注意が必要です。

外壁改修:カバー工法の特徴

外壁改修:カバー工法の特徴 外壁改修の工法の一つにカバー工法があります。これは今ある外壁材の上に重ねて新しい外壁材を貼る工法で、外壁にひび割れなどの劣化が激しい場合に行います。費用は通常の改修よりも高くつきますが、多くのメリットもあります。通常、外壁の塗装は10年単位で塗り替え、継ぎ目の補修を行う必要があります。
しかしカバー工法で高耐久の素材を使用すると10年単位で継ぎ目の補修のみで長く使用することができます。また遮断性、遮音性が向上します。特に遮断性の向上は、外壁と外壁の間に空気の層を作るので、夏は熱を防ぎ冬は熱を逃さないので、冷暖房の節約にも繋がります。この他にデザイン性にも優れています。使用するサイディングにはタイル調や金属調など幅広い種類があり、好みにあうデザインのものを組み合わせたりすることで、新築のような外観にすることもできます。
このように外壁改修をカバー工法で施行すると初期費用は係りますが、その後にたくさんのメリットがあり、長期的に見ると多くのコストを削減することができます。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 工法」
に関連するツイート
Twitter