サンダー工法の特徴

サンダー工法の特徴 外壁改修のサンダー工法とは、集塵サンダーを使って既存塗膜の劣化している箇所を除去する工法です。粉塵の飛散を最小限に抑えることができる点がメリットで、工事の安全性が向上します。劣化した既存塗膜の除去が終わると、高圧洗浄機を使って粉化物を取り除き、清掃をしたうえでセメント系の下地調整塗材を塗布します。これにより、外壁の段差をなくすことができ、外壁改修工事がやりやすくなります。
サンダー工法は弾性のある既存塗膜の全面除去に最適な工法であり、塗膜はく離剤工法よりも優れています。ただし、サンダー工法は万能な工法ではなく、デメリットも存在します。主なデメリットとして騒音が大きいことが挙げられます。閑静な住宅街などでは近隣住民から苦情が出ることもあり、騒音を減らすためにはウォーターブリット工法が適しています。また、剥離した塗膜がサンダーに付着することにより、剥離効率が低下する場合があるので注意が必要です。

外壁改修:カバー工法の特徴

外壁改修:カバー工法の特徴 外壁改修の工法の一つにカバー工法があります。これは今ある外壁材の上に重ねて新しい外壁材を貼る工法で、外壁にひび割れなどの劣化が激しい場合に行います。費用は通常の改修よりも高くつきますが、多くのメリットもあります。通常、外壁の塗装は10年単位で塗り替え、継ぎ目の補修を行う必要があります。
しかしカバー工法で高耐久の素材を使用すると10年単位で継ぎ目の補修のみで長く使用することができます。また遮断性、遮音性が向上します。特に遮断性の向上は、外壁と外壁の間に空気の層を作るので、夏は熱を防ぎ冬は熱を逃さないので、冷暖房の節約にも繋がります。この他にデザイン性にも優れています。使用するサイディングにはタイル調や金属調など幅広い種類があり、好みにあうデザインのものを組み合わせたりすることで、新築のような外観にすることもできます。
このように外壁改修をカバー工法で施行すると初期費用は係りますが、その後にたくさんのメリットがあり、長期的に見ると多くのコストを削減することができます。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 工法」
に関連するツイート
Twitter

外壁乾式工法による石張り工事において、 目地のシーリング材については、 シリコーン系シーリング材を使用した。× シリコーン系や 1成分形ポリサルファイド系シーリング材では、 シーリング材の成分による石材の汚れが発生する。 2成分形ポリサルファイド系シーリング材 を用いるのが一般的

Twitter覚えられへん@boooooook3

返信 リツイート 8:46

湿式工法は張付けモルタルなどで、石、タイルなどを躯体面に張り付けていく工法で、乾式と比べ安価である。ただし仕上材の剥離、脱落の可能性が乾式に比べ高い。 乾式工法は、石、タイルなどを金物固定により外壁から切り離して取り付ける工法。下地金物の隙間に断熱材を施して外断熱工法に出来る。

外壁の施工方法【乾式工法の特徴】 dlvr.it/R3S75q

Twitterマイベストプロ神奈川@mbpkanagawa

返信 リツイート 昨日 8:44

外防水工法は、地下躯体の外側に防水層を施工する工法で、施工条件により先付けと後付けに分類される。後付け工法は、建物周囲に余裕があり地下外壁廻りに余堀りが取れる場合、躯体完成後、直接外壁に防水処理を施す工法。施工状態を目視で確認出来るため信頼性が高い。

外壁乾式工法による石張り工事において、 目地のシーリング材については、 シリコーン系シーリング材を使用した。× シリコーン系や 1成分形ポリサルファイド系シーリング材では、 シーリング材の成分による石材の汚れが発生する。 2成分形ポリサルファイド系シーリング材 を用いるのが一般的

リフォーム専門用語⑧ アスファルト防水(あすふぁるとぼうすい) アスファルトルーフィング・アスファルトフェルトなどを数枚重ねて防水層を構成する防水工法。 屋根・外壁などの防水に多く用いられます。 #リフォーム #専門用語 #アスファルト防水 pic.twitter.com/GMFDEKKC65

外壁乾式工法による鉛直面への張り石工事において 上下の石材間の目地幅の調整に使用したスペーサーは撤去する 撤去しないと、上部石材の荷重がファスナーではなく 下部石材に伝達されてしまうからである

Twitter建築士受験!独学組!!@kentikuhourei

返信 リツイート 4/24(水) 11:18

ポスト&ビームのログハウスのリフォームです。 HPで特にリフォームを推しているわけでは無いのですが、なぜか最近リフォームの依頼が続いています。 カバー工法によりアスファルトシングルの屋根を板金に、また外壁を塗装したら、新築のようになりました。 pic.twitter.com/HxkmXuR3M3

家建てるって決めてから調べる物の量が半端ない、時間が足りないし調べきれない。。地盤、基礎、シロアリ、耐震、工法、断熱(内、外、断熱材、サッシ、UA値)、気密C値、換気システム、VOC対策、天然素材、外壁通気などなど 知らない事がイヤなのでついつい調べてしまう

【建売住宅のチェックポイント①】 ✅建物の工法がどうなっているか? 建売住宅が建築工法(在来工法、在来+パネル張工法、ツーバイフォー工法)は外壁が張られてしまうとわかりません。 在来工法<在来パネル工法≒ツーバイフォー工法の順で耐震強度が高いので、工法は必ず担当者に確認すること! pic.twitter.com/jTLBcCpEuJ

Twitterユウキ🏠住まいのブロガー@yuki_housebuild

返信 リツイート 4/23(火) 11:57