どういう状態になったときに外壁改修の必要がある?

どういう状態になったときに外壁改修の必要がある? 建物を24時間365日様々な自然環境から守っている外壁は、永久的にその効果を発揮する事ができません。
外装材の種類や室によって耐用年数も異なり、海などの地域性では塩害によって劣化も早まる事があります。
外装材には、セメントを主材料にした窯業系や金属系または、モルタル塗りに塗装を施した外装まで様々あります。
外壁改修のひとつに塗装を行う方法がありますが、色が褪せてきたから行うよりも劣化から守る為にも定期的に行う必要もあります。
塗装された外壁は風雨にさらされ、年月とともに塗装皮膜は劣化して、ひび割れが発生します。
皮膜が破れてしまうと下地材まで雨水や紫外線が入り込み様々な悪影響を及ぼしてしまいます。
また、コケの発生や腐食も起こり外装材としての役割も期待できなくなります。
外壁改修は、本来の機能を損なう前に行うのがベストと言えます。
これは、家の資産価値を下げない為にも重要で寿命を長持ちさせる事にも繋がります。

外壁改修を怠ると建築物の耐久性が低下するかも…

外壁改修を怠ると建築物の耐久性が低下するかも… 建築物には必ず外壁がありますが、外壁改修は定期的に行う必要があります。
もし、外壁修繕をしないと、外壁にクラックが発生してしまい、外壁の隙間から水が入ってしまいます。
壁の内部は通気性が悪いため、一度湿気が入ってしまうと外壁はたちまち劣化してしまいます。
まず、カビが生える可能性があります。
壁の内側でも、カビが室内に進入してくる可能性があるため、問題です。
カビは部屋の中で舞いますので、アレルギー持ちの人ならば体調をおかしくする可能性が考えられるでしょう。
また、6月頃にはシロアリが発生する可能性が考えられます。
カビやシロアリの被害を防ぐには、定期的に外壁改修工事が必要になります。
外壁改修は、使われている塗料の種類にもよりますが、10年から15年ぐらいに一度は改修工事が必要です。
改修工事は、屋根の上も合わせて行うと、およそ100万円ぐらいのお金が必要になるでしょう。
改修工事にかかる期間は、およそ2週間ほどになります。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「改修 必要」
に関連するツイート
Twitter