外壁改修の目安を知ろう

外壁改修の目安を知ろう 庭の雑草を引っこ抜いているとき、ふと我が家を見たとき無いですかね?
あれ?家汚いなとか思ったこと有りませんか?
家建てて何年だ。と、思いながら、そろそろ外壁改修の時期なのかな?
新築で、家建てて15年で大きな掃除をした方が良いとされます。
掃除も大変ですから、業者に頼んで外壁改修してしまうのも1つの方法です。
清掃から全部やって貰えて綺麗になります。
外壁改修をペンキにした場合これも永久とは、言えないです。耐用年数も10から15年
で、また綺麗にしてもらう。のが、一般的でしょう。
また、外壁に新しいパネルで全体覆い被せいく方法もあります。
外壁改修の目安として、壁から、粉みたいな物が、吹き出して来たら要チェックです。
要チェックと言いましたが慌てず焦らずて、大丈夫てます。
ご自分の趣味プランをしっかりと持ち、業者を確め、難しいですけど、
理想的になればいいと思います。
やっぱりコストかな、先立つものがないと。ちゃんと比較して、
良いものに仕上げて下さい。

外壁改修で知っておきたいアスベストの危険性

外壁改修で知っておきたいアスベストの危険性 アスベストは耐熱性や保温性、絶縁性に優れている事から断熱材や絶縁材として幅広く使われてきました。しかし有毒性が強い事が分かり現在では使用されていません。
では具体的にどのような危険性があるのかというと、例えば外壁改修の時に吸い込んでしまうと肺細胞に入った石綿の繊維の刺激によって肺がんになったり、肺や心臓を取り囲んでいる胸膜や心膜、胃や肝臓を取り囲んでいる腹膜に腫瘍が出来てしまう悪性中皮腫などが発生する恐れが強いです。
しかも発症するまで何十年もかかることもあり、静かな時限爆弾とも言われています。その理由はアスベストの繊維は非常に細い為、大気中に舞いやすく肉眼で見る事はできません。その繊維は自然界では分解される事はありません。その為外壁改修の作業中に無意識の間に吸い込んでしまうと肺の奥に入り込み、排出されることなく体内に留まり続けます。そして吸い込んでから数十年後に様々な病気を発症してしまうという危険性があります。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 修繕」
に関連するツイート
Twitter