外壁改修の塗料の種類:シリコン

外壁改修の塗料の種類:シリコン 外壁改修の塗料であるシリコンは、アクリル系塗料の一種で、現在家の外壁や屋根の塗料に多く使われている塗料の一つです。
外壁塗料として使用されているシリコンのメリットは、まず耐久年数が10年~15年と長く、他のアクリルやウレタン塗料と比べても約1.5倍長持ちする為、外壁改修には数多く使われています。
また、耐水性や耐熱性にも優れているので、雨や泥等もはじき、夏や暑い地域でも使用する事ができます。
塗った後も、ツヤが出る為きれいな状態が長く続きます。
さらに汚れや色落ち、紫外線やカビにも強い為長持ちします。
他にも、種類も水性から油性のものまであるので、用途に合わせて使う事ができます。
一方デメリットは、シリコン塗料自体が硬いので塗りにくく、また重ね塗りにもむいていない為、扱いにくく手間もかかります。
その為プロが使用する分には問題ありませんが、日曜大工には向かない塗料と言えます。
また硬いのでひび割れもしやすく、地震などが起こった場合ひびが入ってしまう場合もあります。
他には、他のアクリルやウレタン塗料に比べて価格は若干高いですが、それでも耐用年数はシリコンのほうがかなり長いので費用対効果は他の塗料に比べて良いです。

外壁改修の塗料の種類:ウレタン

外壁改修の塗料の種類:ウレタン 外壁改修の塗料ウレタンとは、ウレタン系樹脂を主成分とする塗料の事で、非常に柔らかく外壁改修の際、特に木製や鉄製のものに塗るのに適しており、また値段や機能性や耐久性も他の塗料に比べて良かったため、塗料の主流の一つとして使用されてきました。
ウレタンのメリットは、非常に柔らかく塗りやすい為、作業効率が良い点です。
またひび割れもしにくい為、ひびの入りやすい建物なのには適しており、よく使用されていました。
また、一度塗ると表面が樹脂で覆われ光沢が出るので傷もつきにくく、メンテナンスがかからないという点もあります。
一方デメリットは、紫外線に弱い為、日光に長く当たると変色しやすくなってしまいます。
しかし近年改良を重ね変色しにくくもなっています。
また汚れやすいという点があります。
数年で全体的に汚れが目立つようになり古臭くなってしまいます。
近年、価格もほとんど同じのシリコン塗料が普及するようになると、耐用年数で劣るウレタン塗料は今ではあまり使われないようになってしまいました。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 塗装」
に関連するツイート
Twitter