目地割れ補修の外壁改修

目地割れ補修の外壁改修 目地割れの外壁改修はコーキングの処理が重要です。
コーキングの耐用年数としては紫外線が当らない部分だと長くて10年程度、紫外線にさらされている場所だと5年程度となります。
塗装を先にするのか、コーキングを先にするのかでメリットやデメリットが変化するため外壁改修を行う前に把握しておく必要があります。
コーキングを先にして、後から塗装を行うとコーキングが外部にさらされることがなくなるので寿命が延びることが言えます。
反対の場合はコーキングの劣化が早まり、塗装のひび割れなどが少なくなります。
目地割れを目立たなくするためにはコーキングの色を外壁に合ったものにすることがポイントです。
弾性のある塗料を使用することでも目地割れを防ぐことが出来るので予算に応じて使用することがおすすめです。
複数の業者から一括見積もりを取れるサイトを利用することで相場を知ることができ、安く外壁改修を依頼することが出来るので人気です。

外壁改修の工程

外壁改修の工程 マイホームの建物の耐用年数を延ばすためには、定期的に点検を行ったうえで、必要に応じて外壁改修を行うのが理想的です。
業者によって施工内容と費用が異なるので、まず最初に一括見積サイトを使って、複数の業者が提示する施工プランを比較するべきです。
そして施工を依頼する業者を決めた段階で、担当者と外壁改修工事の打ち合わせを行って、工程表を作成するのがポイントです。
工事を始める場合には建物の隅々までチェックして、事前に修繕個所を把握することが重要です。
また外壁塗装を行う前に建物全体を洗浄したり、足場を組み立てて安全に作業が行える環境を整えることも、作業工程の中では重要な部分です。
とりわけ劣化が進みやすいのは屋根の部分であり、防水工事を行って雨漏りを防ぐ対策を十分に行うことが必要です。
何度も塗料を重ね塗りすることで、風雨に曝されても建物を長期間守ることができます。
完成後は業者に建物をチェックしてもらったり、アフターサービスも活用することが、修繕の効果を長持ちさせるための基本です。

新着情報

◎2018/3/15

サンダー工法の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/1/24

外壁改修の目安を知ろう
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

外壁改修の必要性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

塗料のシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

外壁改修の塗料の種類
の情報を更新しました。

「外壁 建物」
に関連するツイート
Twitter